EXHIBITIONS

開館20周年記念-版の美Ⅲ-

現代版画の可能性

茅ヶ崎市美術館|12.08 - 02.02

小野耕石 波絵 Namie © 小野耕石・Tokyo Publishing House

小野耕石 Hundred Layers of Colors 撮影=長塚秀人

柄澤齊 ZIPANGU 日本の昔話による10のカリカチュア 10 かぐや姫 

柄澤齊 ZIPANGU 日本の昔話による10のカリカチュア 9 浦島太郎

馬渕聖 無花果

 茅ヶ崎市美術館の開館20年目を記念した企画展シリーズ「版の美―板にのせられたメッセージ」。3期目では「現代版画の可能性」をテーマに、同館所蔵の版画作品より、戦後から現代に至るまでに制作された木版画を中心に約200点を紹介する。

 本展では、童画家の武井武雄が主宰し、1935年から20余年にわたって、版画による年賀状交換を行ったグループ「榛の会」の作家たち、日本版画会の創立に貢献し、版画による色彩表現を探求した馬渕聖、木口木版画だけでなく小説も発表し、多彩な表現を見せる柄澤齊らを取り上げ、それぞれの作家が魅せる木版画の可能性を探る。
 
 また特別展示として、版画の手法を用いながら、これまでの概念を覆す立体的な作風で知られる注目の若手アーティスト、小野耕石の作品を特別展示する。