EXHIBITIONS

Michaël Borremans | Mark Manders

ギャラリー小柳|11.02 - 12.22

Installation view, “Michaël Borremans | Mark Manders”, Gallery Koyanagi
© Michaël Borremans / Mark Manders Courtesy of Zeno X Gallery, Antwerp and Gallery Koyanagi, Tokyo

マーク・マンダース Figure Study 1997-2015
© Mark Manders Courtesy of Zeno X Gallery, Antwerp and Gallery Koyanagi, Tokyo

ミヒャエル・ボレマンス Alien 2018
© Michaël Borremans Courtesy of Zeno X Gallery, Antwerp and Gallery Koyanagi, Tokyo

 ミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースによる展覧会。ボレマンスの新作ペインティング4点とマンダースの新作を含めた彫刻作品4点で、ギャラリー小柳の空間を構成する。

 ボレマンスは1963年ベルギー出身、ゲントを拠点に活動。90年代半ばに写真による表現から転向し、フランドル絵画を想起させる、静謐な時間と謎めいた雰囲気を湛えたペインティングを描く。作品に配された人物はしばしば意味のない作業に没頭し、また素材のわからない布で表情を覆い隠されており、その情景はリアルでありながら、映画や舞台のセットのような非日常的な印象を与え、鑑賞者に解釈を委ねる。

 他方、マンダースは1968年オランダ出身、ベルギーのロンセを拠点に活動。80年代後半より、緻密な配置図に基づき、彫刻や家具、日用品や建築部材などを「想像上の」部屋に配するインスタレーションを制作してきた。時代や様式を超えて普遍的な美しさを醸し出す彫刻や、実物よりわずかに縮小された家具などを介して、自身の抽象的で個人的な思考や感情を空間の中に視覚化している。