• HOME
  • EXHIBITIONS
  • ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ
EXHIBITIONS

開館15周年特別展

ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ

ジョルジュ・ルオー 秋 または ナザレット 1948 ヴァチカン美術館蔵 Photo © Governatorato S.C.V. - Direzione dei Musei

ジョルジュ・ルオー キリストとの親しき集い 1952 個人蔵(ルオー財団協力)

ジョルジュ・ルオー ヴェロニカ 1945頃 ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou,MNAM-CCI / distributed by AMF

ジョルジュ・ルオー サラ 1956 ジョルジュ・ルオー財団蔵

ジョルジュ・ルオー 受難 (エッケ・ホモ) 1947-49 ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館蔵 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou,MNAM-CCI / distributed by AMF

ジョルジュ・ルオー 聖心 1951 七宝ヴァチカン美術館蔵 Photo © Governatorato S.C.V. - Direzione dei Musei

 敬虔なキリスト教徒として知られる画家のジョルジュ・ルオーは、生涯にわたって「受難」「キリスト像」などを主題に、人間の苦悩や慈愛、赦しを表現した。画題が伝統的であるいっぽうで、色彩や形体、その調和といった造形表現は極めて革新的で、テーマの根底には同時代の社会や人間に対する画家の深い共感と理解があった。

 本展は、ルオーの画業の軸である「聖なる芸術」の意味とその現代性(モデルニテ)を改めて問うもの。ヴァチカン美術館から初出品となる《秋 または ナザレット》などの作品群をはじめ、パリから来日する晩年の傑作、国内外の「聖顔」や「聖書の風景」の名品もあわせ、油彩画を中心としたルオー芸術の集大成ともいえる約90点を展示し、画家が目指した美しい愛のかたちを紹介する。