ARTISTS

白髪一雄

Kazuo Shiraga

 白髪一雄は1924年兵庫県生まれ。幼少時より絵を描くことを好み、兵庫県立尼崎中学校(現・県立尼崎高等学校)在学中は絵画部に所属。本格的に絵を学ぶことを志し、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学ぶ。52年、村上三郎、金山明、田中敦子と「O会」を結成。55年には吉原治良を中心とする前衛芸術グループ「具体美術協会」に村上らとともに参加する。大学卒業後に日本画から洋画に転向し、風景画や人物画を描いていたが、描き方を大幅に変更。天井から吊るしたロープを両手でつかみ、床に広げたキャンバスの上に絵具を出し、体をダイナミックに動かしながら足を使って絵の具を広げて作品を制作するという「フット・ペインティング」を確立した。その後、密教に関心を抱き、比叡山延暦寺で修行を行い、得度を受ける。尼崎市民芸術賞、兵庫県文化賞、文部大臣文化功労者表彰など受賞多数。2000年代に入ると、海外の美術館やアートマーケットで具体の評価が高まり、そのなかでももっとも作品が高く落札される画家のひとりとなった。01年、地元にある兵庫県立近代美術館(現・兵庫県立美術館)にて「アクション・ペインター白髪一雄展」が開催。08年、尼崎市にて没。