×
NEWS / EXHIBITION - 2017.10.24

アジア初の大規模個展! ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーが開催

90年代よりサウンド・インスタレーションを共同制作で発表しているジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーのアジア初の大規模個展が、金沢21世紀美術館で開催される。会期は2017年11月25日〜2018年3月11日。

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー The Marionette Maker(部分) 2014  Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

 ジャネット・カーディフ(1957年〜)とジョージ・ビュレス・ミラー(1960年〜)は、1995年頃から共同制作を始め、現在はカナダとドイツを拠点に活動。

 2012年の「ドクメンタ13」では、森に30個以上のスピーカーを設置して大規模なサウンドスケープを出現させる《森、千年のあいだ》や、鑑賞者がiPodとイヤフォンを手にジャネットの声に導かれて駅を歩く《Alter Bahnhof Video Walk》を発表。日本では、瀬戸内国際芸術祭(2012)やあいちトリエンナーレ2013に参加した。

 高度な音響、映像技術と独特の造形を駆使した作品は、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴い、鑑賞者の知覚を活性化させる。

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー The Carnie 2010 Photo by Larry Lamay Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー Conversation with Antonello 2015 Collection of the Vancouver Art Gallery, Gift of the Artists Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

 本展では、取り付けられたスピーカから奇妙な音が流れるメリーゴーランド《The Carnie》や、ルネサンスの画家アントネロ・ダ・メッシーナによる《書斎の聖ヒエロニムス》(1475)をもとにした立体作品《Conversation with Antonello》などの近作をはじめ、日本初公開のインスタレーション8点を紹介。

 アジア初の大規模個展となる本展で、世界的に活動する2人の作品世界を体感することができる。

information

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー

会期:2017年11月25日〜2018年3月11日
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
電話番号:076-220-2800
開館時間:10:00〜18:00(金土〜20:00)
料金:一般 1000円 / 大学生 800円 / 小中高生 400円
休館日:月(1月8日、2月12日は開館)、12月29日〜1月1日、1月9日、2月13日

event

アーティスト・トーク:ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー

日時:11月26日 14:00〜16:00
会場:金沢21世紀美術館地下1階 シアター21
料金:無料
定員:130名
申込:ウェブサイトにて11月14日の10:00より申込受付開始(先着順)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします