×
NEWS / EXHIBITION - 2017.7.5

杉戸洋が東京の美術館で初の個展「とんぼ と のりしろ」を開催

愛知を拠点に活動するアーティスト・杉戸洋の個展「とんぼ と のりしろ」が、東京都美術館で開催される。会期は7月25日〜10月9日。

杉戸洋 gekkoso 2 2017

 1970年に愛知県に生まれた杉戸洋は、92年に愛知県立芸術大学美術学部日本画科を卒業。現在も愛知を拠点に制作を行っている。

杉戸洋 月光荘のいろ 2016

 杉戸は、木や家、舟などの親しみのあるモチーフと幾何学的な形、抽象と具象を行き来するような作品を特徴としている。近年では、2015年に宮城県美術館で開催された「天上の下地 prime and foundation」や、14年からチューリヒなどを巡回した「ロジカル・エモーションー日本現代美術展」に参加。

杉戸洋 placing the boat 2017

 東京の美術館では初めての個展となる本展には、最新作も登場する。国内外で多くの人を惹きつける作品の数々を、地下に広がる吹き抜けの空間で楽しみたい。

information

杉戸洋 とんぼ と のりしろ

会期:2017年7月25日~10月9日
会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03-3823-6921
開室時間:9:30~17:30(金9:30~20:00 ※7月28日、8月4日、11日、18日、25日は9:30~21:00)※入室は閉室の30分前まで
料金:一般 800円 / 大学生・専門学生 400円 / 65歳以上 500円 / 高校生以下無料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします