×
NEWS / HEADLINE - 2017.2.10

20世紀を代表する彫刻家を見よ!ジャコメッティ大回顧展が今夏開催

東京・六本木の国立新美術館で6月より、20世紀を代表する彫刻家・ジャコメッティの過去最大規模の回顧展が開催される。日本では約10年ぶりとなるジャコメッティ展について、同館で記者発表会が行われた。

アルベルト・ジャコメッティ 歩く男 1960 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス ©Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

 アルベルト・ジャコメッティ(1901〜1966)は、スイスに生まれフランスで活躍した、20世紀ヨーロッパにおけるもっとも重要な彫刻家の一人として知られている。オセアニアの彫刻や、キュビズム、そしてシュルレアリスムなど、同時代に起こった様々な動向を吸収したジャコメッティは、1935年から身体を線のように長く引き伸ばした独自のスタイルを生み出していった。

 その、ジャコメッティの初期から晩年まで、彫刻をはじめ、油彩、素描、版画など、約135点が並ぶのが「ジャコメッティ展」だ。本展には、マグリット&エメ・マーグ財団美術館(ニース)から多数の作品が来日。同館はパリとチューリッヒのジャコメッティ財団と並び、世界3大ジャコメッティ・コレクションと知られており、記者発表会には同館のオリビエ・キャプラン館長が登壇し、本展について次のように語った。

 「ジャコメッティの哲学者的な側面と、少し遊び心がある側面と両方を楽しんでもらえます。ジャコメッティの作品は、人間とはなんなのかという探求から生まれているので、それを堪能してもらえるような展覧会になっています」。

ジャコメッティについて語るキャプラン館長

 本展では、ジャコメッティの作品を年代順、グループに分けて展示。チェース・マンハッタン銀行から依頼を受け、ニューヨークの広場のために制作するも実現しなかった、3つの大作《歩く男Ⅰ》《女性立像Ⅱ》《大きな頭部》(3点とも1960)が揃って出品されるなど、ジャコメッティの代表作が並ぶ。

 なお、イタリアで開催される第57回ヴェネチア・ビエンナーレ(5月13日〜11月26日)のスイス館では、ジャコメッティにオマージュを捧げた展覧会「ヴェネチアの女たち(Women of Venice)」が展開されるなど、ジャコメッティへの注目が高まる本年。本展は、没後から約半世紀を経た、巨大な彫刻家と向き合う絶好の機会となるだろう。

アルベルト・ジャコメッティ 3人の男のグループ(3人の歩く男たち) 1948/49年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

information

会期:2017年6月14日〜9月4日
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2
電話番号:03-5777-6800
開館時間:10:00〜18:00(金〜20:00)
休館:火曜
料金:一般1600円 / 大学生1200円 / 高校生800円 / 中学生以下無料
 

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします