MUSEUMS / GALLERIES

新潟県立近代美術館

新潟

美術館全景

エントランスホール

コレクション展示室

屋外庭園

 1993年に開館した新潟県立近代美術館は、緑豊かな千秋が原ふるさとの森の四季折々の自然の中でゆったりとアートに触れることができる美術館。エントランスホールでは、3本の柱に刻まれたロダンの巨大な彫刻作品《カリアティードとアトラント》が来場者を迎える。

 収蔵作品は地元の収集家による「大光コレクション」を軸とした近代の流れを展観できる国内作品のほか、日本の近代美術に関わりの深い19世紀西洋美術、県出身作家を主とした新潟の巨匠たちの名画など、およそ6000点。その中から毎回異なるテーマのコレクション展が常設され、企画展では幅広いジャンルの展覧会を1~2ヶ月ごとに紹介している。また講座やワークショップなど、美術に親しむための活動も行う。(2018年7月2日~19年8月[予定]まで、改修工事のため休館)