AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2022.7.5

彫刻家・名和晃平が最新作を十和田で公開。初期のドローイングとともにその思考を追う

展示風景より、名和晃平《Biomatorix(W)》(2022、部分)

十和田市現代美術館の常設展示室より、《PixCell-Deer#52》(2018) ※2023年9月まで公開

十和田市現代美術館の常設展示室より、《PixCell-Deer#52》(2018) ※2023年9月まで公開

十和田市現代美術館

展示風景ドローイングシリーズ「Esquisse」

ドローイングシリーズ「Esquisse」より、《Untitled》(2000)

展示風景より、名和晃平《Biomatorix(W)》(2022)

展示風景より、名和晃平《Biomatorix(W)》(2022、部分)

展示風景より、名和晃平「White Code」シリーズ

展示風景より、名和晃平《White Code#8》(2022、部分)

名和晃平 Dot Array – Black #239 2022 木製パネルにUVプリント、紙、アクリル 56×100cm 提供=Gallery Nomart 撮影=加藤成文

名和晃平 最新作《Biomatorix(W)》の前で

展示風景より、塩田千春《水の記憶》(2021)

展示風景より、レアンドロ・エルリッヒ《建物─ブエノスアイレス》(2012/2021)

前へ
次へ
4 / 14
前へ
次へ
編集部