AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2020.9.27

ミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダース、美術館では世界初の2人展。「ダブル・サイレンス」を金沢21世紀美術館で見る

展示風景より、マーク・マンダース《4つの黄色い縦のコンポジション》(2017‒2019)

展示風景より、マーク・マンダース《乾いた土の頭部》(2015-2016)

展示風景より、ミヒャエル・ボレマンスの作品群 撮影=木奥惠三 提供=金沢21世紀美術館

展示風景より、ミヒャエル・ボレマンス《カラーコーンⅡ》(2020)

展示風景より、マーク・マンダース《2つの動かない頭部》(2015-2016)

展示風景より、左はマーク・マンダース《乾いた土の頭部》(2016-2017) 撮影=木奥惠三 提供=金沢21世紀美術館

展示風景より、中央がマーク・マンダース、周囲がミヒャエル・ボレマンスの作品 撮影=木奥惠三 提供=金沢21世紀美術館

展示風景より、手前はマーク・マンダース《舞台のアンドロイド(88%に縮小)》(2002-2014)

展示風景より、左からマーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》(2011-15)、ミヒャエル・ボレマンス《オートマトⅠ》(2008)、マーク・マンダース《舞台のアンドロイド(88%に縮小)》(2002-2014) 撮影=木奥惠三 提供=金沢21世紀美術館

展示風景より、左からマーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》(2011-15)、ミヒャエル・ボレマンス《オートマトⅠ》(2008) 撮影=木奥惠三 提供=金沢21世紀美術館

展示風景より、マーク・マンダース《黄色の縦のコンポジション》(2019-2020)

前へ
次へ
9 / 11
前へ
次へ
編集部