AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2019.11.18

森美術館で「未来と芸術展」が開幕。アートから建築、バイオまでを網羅

展示風景より、ディムート・シュトレーペ《シュガーベイブ》(2014-)

森美術館エントランス

「都市の新たな可能性」展示風景

展示風景より、フォスター+パートナーズ《マスダール・シティ》

展示風景

展示風景より、ミハエル・ハンスマイヤー《ムカルナスの変異》(2019)

ミハエル・ハンスマイヤー《ムカルナスの変異》(2019)の内部

展示風景より、エコ・ロジック・スタジオ《H.O.R.T.U.S XL アスタキサンチン g》(2019)

エコ・ロジック・スタジオ《H.O.R.T.U.S XL アスタキサンチン g》(2019)の部分

展示風景より、手前がエイミー・カールの作品

展示風景より、左がOPEN MEALS《SUSHI SINGULARITY》

「バイオ・アトリエ」

展示風景より、ディムート・シュトレーペ《シュガーベイブ》(2014-)

アギ・ヘインズの「変容」シリーズより、《体温調整皮膚形成手術》(2013)

展示風景より、パトリシア・ピッチニーニ《親族》(2018)

展示風景より、パトリック・トレセ《ヒューマン・スタディ#1、5 RNP》(2012-18)

展示風景より、マイク・タイカ《私たちと彼ら》(2018)

展示風景より、《オルタ3》(2019)

展示風景より、ラファエル・ロサノ=ヘメル&クシュシトフ・ウディチコ《ズーム・パビリオン》(2015)

展示風景より、メモ・アクテン《深い瞑想:60分で見る、ほとんど「すべて」の略史》(2018)

展示風景より、アウチ《データモノリス》(2018/19)

前へ
次へ
1 / 21
前へ
次へ
編集部