AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2018.2.13

誰もが知る名作が勢ぞろい!
「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」がいよいよ開幕

クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》の前で。(左から)クリスチャン・ビュールレ(E.G. ビュールレ・コレクション財団 理事長)、ルーカス・グルーア(E.G. ビュールレ・コレクション財団 館長)

展示風景より 

 展示風景より

展示風景より。エドガー・ドガ《14歳の小さな踊り子》(中央)、ピエール=オーギュスト・ルノワール《泉》(左)、ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》(右)

作品について語るE.G. ビュールレ・コレクション財団 館長のルーカス・グルーア。左に写っているのがポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》、右が《パレットを持つ自画像》

第7章「フィンセント・ファン・ゴッホ」展示風景より。左端が《日没を背に種まく人》(1888)、右端が《自画像》(1887)

 展示風景より。右は日本初公開となるポール・ゴーギャン《贈り物》

 展示風景より

前へ
次へ
2 / 8
前へ
次へ
編集部