2021.11.6

アートの島・直島に新たにふたつの施設が開館。安藤忠雄による「ヴァレーギャラリー」と「杉本博司ギャラリー 時の回廊」が来年オープン

ベネッセホールディングスが香川・直島町に来年3月、新たにふたつのアート施設を開館する。ひとつは安藤忠雄の設計による「ヴァレーギャラリー」、もうひとつはガラスの茶室《聞鳥庵(もんどりあん)》を擁する「杉本博司ギャラリー 時の回廊」だ。

杉本博司のガラスの茶室《聞鳥庵(もんどりあん)》
前へ
次へ

 ベネッセホールディングスはベネッセハウス(香川・直島町)の開館30周年となる来年3月、新たにふたつのアート施設を開館する。

 ひとつめは、ベネッセアートサイト直島における安藤忠雄設計の9つ目の建築となる「ヴァレーギャラリー」、ふたつめは2006年に開館したベネッセハウスパークの杉本博司の作品空間を拡大し整備した「杉本博司ギャラリー 時の回廊」だ。

 「ヴァレーギャラリー」は「李禹煥美術館」の向かいにある山間に位置する。祠をイメージした安藤忠雄による半屋外建築と、周辺空間一帯の整備により、自然のなかに点在するベネッセハウスの各棟や美術館施設がつながり、季節ごとに異なる顔を見せる山の植栽を楽しめる。

安藤忠雄によるヴァレーギャラリー 撮影=矢野勝偉

 建物内外では草間彌生《ナルシスの庭》が展示。また2006年より池の横に恒久展示されている小沢剛《スラグブッダ 88-豊島の産業廃棄物処理後のスラグで作られた 88 体の仏》も一部改変され、自然・建築・アートの共鳴をより深く体験することができるという。

 いっぽうの「杉本博司ギャラリー 時の回廊」は、杉本博司の多様な作品群を継続的かつ本格的に鑑賞・体感できる世界唯一のギャラリーとなる。

 ベネッセアートサイト直島の黎明期より、様々なかたちで計画に参加してきた杉本。すでに《松林図》や《観念の形003オンデュロイド:平均曲率が0でない定数となる回転面》などが設置されているが、ここに主要な写真シリーズやガラスの茶室《聞鳥庵(もんどりあん)》が新たに加わる。また、杉本が主宰する新素材研究所のデザインによりカフェ機能も備えて、ラウンジおよびボードルームが一新される予定だ。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。