NEWS / HEADLINE - 2017.3.9

アーカスプロジェクトが
アーティスト・イン・レジデンスの参加アーティストを募集中

アーカスプロジェクトが、現代芸術分野の新進アーティスト支援を目的としたアーティスト・イン・レジデンスプログラムの参加アーティストを募集している。なお、応募資格は日本以外の国籍を有することで、締切は4月20日。

アーカススタジオは守谷市の生涯学習施設もりや学びの里内にある(スタジオ外観)

アーカススタジオは守谷市の生涯学習施設もりや学びの里内にある(スタジオ外観)

 アーカスプロジェクトは、国際的に活動するアーティストが茨城で滞在制作を行うアーティスト・レジデンス・プログラムと、地域の住民が主体となって関われる場づくりやワークショップなどの地域プログラムを展開している。アーティスト・イン・レジデンスプログラムは、プレ事業として1994年に開始して以来、現在まで31の国や地域から97名のアーティストを招聘し、これまで世界のアートシーンの第一線で活躍するアーティストたちを世に送り出してきた。

 本プログラムでは、プロセスに重きをおいた内容を展開し、最終的な展覧会を目的とするのではなく、その場所でしか成立しない調査やプロジェクトを遂行。それを地域住民と共有し、かつ共同作業できるような広がりのあるプロジェクトを募集する。また、地域における国際的な交流を促進するために、滞在中のリサーチや制作の過程を複数回のオープンスタジオで公開。なお、応募は日本以外の国籍を有するものを対象とし、締切は4月20日。