NEWS / HEADLINE - 2019.11.6

「傷を負ったのは日本」。会田誠ら参加のグループ展で日本大使館が公認を撤回

オーストリア・ウィーンで開催中の展覧会「JAPAN UNLIMITED」について、在オーストリア日本大使館が11月5日までに公認を取り消した。展示されていた、安倍晋三首相や昭和天皇、東京電力福島第一原発などを扱った作品が問題視されたとみられる。

 

「JAPAN UNLIMITED」の展覧会ページ

 オーストリア・ウィーンにある、美術館や博物館の集合体「ミュージアム・クォーター」で開催されている展覧会「JAPAN UNLIMITED」 。日本とオーストリアの国交150年の記念事業として開かれていた本展の公認を、在オーストリア日本大使館が5日までに取り消した。毎日新聞などが伝えた。

 「JAPAN UNLIMITED」は、ウィーン在住のイタリア人キュレーター、マルチェロ・ファラベゴリがキュレーションを担当。展覧会は、社会批判的な作品で美術の限界に立ち向かうアーティストを紹介しながら、現代美術の役割を検証しており、会田誠やChim↑Pomをはじめとするアーティストが参加している。

 本展に出展されていた作品のなかには、会田が総理大臣に扮した映像作品《The video of a man calling himself Japan’s Prime Minister making a speech at an international assembly》(2014)をはじめ、昭和天皇、東京電力福島第一原発などを扱った作品があり、これを問題視したと思われる日本大使館は、11月5日までに公認を取り消した。

 本件について参加アーティストのひとりである会田誠は、Twitterで以下のようにコメント。大使館による公認撤回が、ヨーロッパのマスコミを通じて拡散されることの意味を問いかけた。

 なお、公認取り消し後も、公式の公認ロゴが使用できなくなるのみで、展覧会は継続されている。