NEWS / HEADLINE - 2017.2.10

鹿児島睦の新刊出版イベント開催!限定部数の特装版の販売も

陶芸家でアーティストの鹿児島睦(かごしま・まこと)初の作品集、『鹿児島睦の器の本』の出版記念イベントが2月12日に東京・西小山のS/S/A/Wで開催。ライブペインティングのほか、限定部数で制作された特装版の特別販売等が行われる。

『鹿児島睦の器の本』特装版

『鹿児島睦の器の本』特装版

 鹿児島睦(かごしま・まこと)は、植物や動物をモチーフにした図案を施した器をつくる陶芸家だ。この2月、美術出版社より作品集『鹿児島睦の器の本』を刊行した。同書は、その人気から、展示会を開けば即完売してしまうなど入手が難しくなっている器の作品を、世界各地のコレクターのもとで撮影し、1冊にまとめた作品集だ。これまでは「過去の作品に執着したくない」という理由から記録をほとんど残してこなかった鹿児島の、貴重な初期作品から最新作まで約260点が収録されている。

 そしてこのたび、その出版記念イベントが、コレクターの一人として同書にも登場するフードデザイナー・たかはしよしこのアトリエ「S/S/A/W」にて開催される。イベントには鹿児島が来場し、「S/S/A/W」の壁面を使ってライブペインティングを行うほか、200部限定で制作されたエディション付きの特装版販売、たかはしが所有する器の展示などを行う。

 200冊、すべて異なる器が表紙になっている特装版は、期間限定のInstagramアカウント @mk_pottery_bookにて全表紙を公開中だ。