2018.5.24

「生き抜くために、創るのだ」。
沖縄のBARRAKにてアンデパンダン展が開催へ。作品も募集中

沖縄のオルタナティブ・スペース「BARRAK(バラック)」が、参加者が自由に展覧会を行うアンデパンダン展「BARRAK INDEPENDANTS バラックアンデパンダン-生き抜くために創るのだ」を6月15日から24日まで開催。5月31日まで参加申し込みを受け付けている。

BARRAKメンバー集合写真
前へ
次へ

 戦後の沖縄を生き抜いてきた人々は、その場所で素材となるものをかき集め、生きていくために必要なものをつくり、生活を積み重ねてきた。「バラック」とは、戦後沖縄をはじめ、空地や災害後の焼け跡などに建設される仮設の建築物を意味する。その名称を着想元とし、2014年、沖縄県那覇市にオルタナティブスペース「BARRAK(バラック)」が誕生した。

 BARRAKでは沖縄県内外の若者により運営され、展覧会をはじめ上映会、トークなどを開催。過去の展覧会に、角田啓、手塚太加丸、亜鶴、鈴木操、市川太郎らが参加した「自営と共在」展(2017)、大和田俊、佐々木健、谷中佑輔、仲本拡史、百頭たけし、迎英里子らによる「不純物と免疫」展(2018)などがある。

「自営と共在」展での設営風景(BARRAK、2017)

 そのBARRAKが「生き抜くために創るのだ」をテーマに、応募者が自由に展覧会を行うアンデパンダンを開催。5月31日まで、平面、立体、映像、パフォーマンスなど様々な作品を募集中だ。

 「応募希望書」は特設サイトからダウンロード可能なため、アーティストは応募してみてはいかがだろうか。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。