NEWS / EXHIBITION - 2017.8.26

清潔への欲望の向かう先に、岩井優が提示する「遠近法」とは?

清掃や浄化をテーマに世界各地でプロジェクトを展開している岩井優が、Takuro Someya Contemporary Artで4回目となる個展を開催する。会期は9月9日〜10月14日。

モーターサイクル・ウォッシング 2016 13m 15s, 4k video and sound © Masaru Iwai, Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

モーターサイクル・ウォッシング 2016 13m 15s, 4k video and sound © Masaru Iwai, Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

 岩井優は1975年京都府生まれ。日常の行為である清掃や浄化に注目し、それらがエスカレートしていく様を「クリーナーズハイ」と名付け、これを主題に世界各地で作品を制作・発表してきた。現在、宮城県石巻市で開催中の「REBORN ART FESTIVAL 2017」にも参加し、不法投棄された廃棄物を使用した作品を展示している。

 岩井の制作は、様々な地域コミュニティに入り込んでそこに住む人々の行為に参加し、ともに実践する「参与的手法」を特徴としている。本展では、タイの地方都市でミャンマー人移民労働者と行った共同プログラムから生まれた映像作品など、映像とインスタレーションで展示を構成する。