NEWS / EXHIBITION - 2017.3.16

100人のコレクターが選ぶ「プライズ」に注目! 3331のオルタナティブなアートフェア

東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaにて、展覧会形式のアートフェア「3331 Art Fair ─Various Collectors Prizes─」が開催される。会期は3月17日〜20日。

昨年開催の様子

昨年開催の様子

 2014年にスタートした「3331 Art Fair」は、活躍中の中堅世代から先進気鋭の若手まで、幅広いアーティストが出品する展覧会形式のアートフェア。ギャラリー単位で出展する一般的なアートフェアとは異なり、インディペンデントな活動を行うアーティストたちも参加する、新しいかたちの企画だ。

 本年は、ギャラリーやオルタナティブスペースからの推薦に加え、秋元雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授、金沢21世紀美術館館長)や蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)ら7人がキュレーターとなり、全国各地からアーティストを選出。様々な地域や領域で活動するアーティストたちが東京に集結する。

 出品するアーティストは、淺井裕介、梅津庸一、折元立身、オル太、豊嶋康子など77組。さらに、学生、アーティスト、ビジネスマンなど多様なバックグラウンドを持つコレクター100人が参加し、イチオシの作家に「プライズ」を授与して、今後の活躍を支援する。