AdvertisementAdvertisement
NEWS / EXHIBITION - 2022.8.31

マネは日本の美術に何をもたらしたのか。「日本の中のマネ―出会い、120年のイメージ」が練馬区立美術館で開催

エドゥアール・マネ 散歩(ガンビー夫人) 1880-81頃 キャンバスに油彩 東京富士美術館

石井柏亭 草上の小憩 1904 キャンバスに油彩、オイルパステル 東京国立近代美術館

安井曾太郎 水浴裸婦 1914 キャンバスに油彩 石橋財団アーティゾン美術館

森村泰昌 肖像 少年 1,2,3 1988 発色現像方式印画、透明メディウム 東京都現代美術館

クロード・モネ アンティーブ岬 1888 キャンバスに油彩 愛媛県美術館

福田美蘭 帽子を被った男性から見た草上の二人 1992 合板にアクリル 高松市美術館

前へ
次へ
3 / 6
前へ
次へ
編集部