AdvertisementAdvertisement
INTERVIEW / OIL - 2022.2.28

【DIALOGUE for ART vol. 2】アーティスト同士だからこそ話せる、制作の細部や心の葛藤がある

アトリエでのKotaro Yamada(左)と中西伶(右)

 

Yamadaのアトリエの様子。Yamadaが好んで集めてしまうというアメコミのおもちゃや、モチーフによく登場するスカルも

静岡県にある中西のアトリエでの制作風景。©TOKYO CITY LIGHTS ©Rei Nakanishi ©GOLD WOOD ART WORKS

Yamadaのアトリエでの中西伶

アトリエでのKotaro Yamada

中西伶《flower of life no.99》(2021)

「今後、ペインティングだけでなく幅広い作品展開も考えたい」と話す中西

Kotaro Yamada《FATIMA》(2021)

Yamadaは意見交流の重要さを感じ「いつかアーティストたちが集まる工房をつくりたい」と今後の展望も語る

Yamadaの立体作品と中西の平面作品。改めて手法やアプローチの違いを感じながら対談は進んだ

前へ
次へ
6 / 11
前へ
次へ
編集部