AdvertisementAdvertisement
INTERVIEW - 2019.12.1

建築家として、館長として。青木淳は京都市京セラ美術館をどこに導くのか?

青木淳 撮影=原祥子

正面から見た京都市京セラ美術館 撮影=来田猛 

青木淳 撮影=原祥子

PARASOPHIA開催当時の京都市美術館。中央のサインは名和晃平&SANDWICHのデザインによるもの 撮影=編集部

東エントランスの扉が開いた状態 撮影=来田猛

新設されたスロープ状の「京セラスクエア」 撮影=来田猛

青木淳 撮影=原祥子

旧大陳列室の中央ホール 撮影=来田猛

南回廊2階の展示室 撮影=来田猛

 リニューアルでは京都市美術館創建当初の意匠が多く残された 撮影=来田猛

重厚な雰囲気の階段 撮影=来田猛

西広間の天井 撮影=来田猛 

東山キューブの通路部分。左側には動物園が見える 撮影=来田猛

撮影=原祥子

右が新館の東山キューブ 撮影=来田猛

東山キューブの展示空間 撮影=来田猛

東山キューブの外壁は光によって様々な表情を見せる 撮影=来田猛

青木淳 撮影=原祥子

前へ
次へ
7 / 18
前へ
次へ
編集部