AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

シダネルとマルタン展

-最後の印象派、二大巨匠-

2022.03.26 - 06.26

アンリ・ル・シダネル ジェルブロワ、テラスの食卓 1930 フランス、個人蔵 © Luc Paris

アンリ・ル・シダネル エタプル、砂地の上 1888 フランス、個人蔵 © Bonhams

アンリ・マルタン 腰掛ける少女 1904以前 ランス美術館 Inv. 907.19.165 © C. Devleeschauwer

アンリ・マルタン 二番草 1910 フランス、個人蔵 © Archives photographiques Maket Expert

「シダネルとマルタン展 -最後の印象派、二大巨匠-」がSOMPO美術館に巡回する。19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍した画家、アンリ・ル・シダネルとアンリ・マルタンに焦点を当てた国内初の展覧会。

 アンリ・ル・シダネル(1862〜1939)とアンリ・マルタン(1860〜1943)は、互いに印象派を継承しながら、新印象主義、象徴主義など同時代の表現技法を吸収して独自の画風を確立した。2人は、幻想的な主題、牧歌的な風景、身近な人々やその生活の情景を、親密な情感を込めて描き、「最後の印象派」と言われる世代の中心的存在であった。1900年には新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)を設立。そして円熟期にともにフランス学士院会員に選出されるなど、当時のパリ画壇の中核にいた。

 エタプルやジェルブロワなどフランス北部を拠点に、身近なものを情感豊かに描いたシダネル。ラバスティド・デュ・ヴェールなど南仏各地を訪れ、明るい陽光のもと風景や人物像を象徴主義的な雰囲気のなかに描いたマルタン。 2人は深い友情で結ばれ、同じ芸術観を共有しながらも、それぞれの活動拠点に由来して、異なる光の表現を追求した。

 本展では、世紀末からモダニスムへ至るベル・エポック期に、独自の絵画世界を展開した2人の画家の道のりを、油彩を中心とする約70点を通してたどる。