EXHIBITIONS

クイズで楽しむ「冨嶽三十六景」と「東海道五十三次」

2021.07.30 - 09.07

葛飾北斎 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 江戸時代 1831(天保2)頃

歌川広重 東海道五十三次 庄野 白雨 保永堂版 江戸時代 1833~34(天保4~5)

 MOA美術館は、「クイズで楽しむ『冨嶽三十六景』と『東海道五十三次』」展を開催する。本展は、浮世絵風景版画シリーズの双璧をなす葛飾北斎「冨嶽三十六景」と歌川広重「東海道五十三次(保永堂版)」の全作品を公開し、スマホを使ったクイズで楽しみながら、美術品について学ぶ展覧会。

 葛飾北斎(1760~1849)は、読本挿絵、錦絵、肉筆画など多彩な分野で活躍し、後の印象派の画家などに大きな影響を与えた。なかでも1831(天保2)年頃より西村永寿堂から発行された「冨嶽三十六景」は、当時の富士信仰の盛行を背景に、斬新な構図や輸入品の化学顔料ベロ藍を用いた鮮やかな発色で人気を博した。

 いっぽう、歌川広重(1797〜1858)は、はじめ歌川豊広の門人として役者絵、美人画を描いていた。その後、風景画家としての名声を高め、晩年まで多くの名所絵を制作。1833(天保4)年に版元竹内孫八が刊行した「保永堂版 東海道五十三次」では、自然と融合した庶民の暮しや旅の情景を生き生きと描き、広重の出世作となった。

 本展で出題されるクイズの内容は、「冨嶽三十六景」「東海道五十三次」の正しい枚数は何枚か、北斎の《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》を楽譜の表紙デザインに取り入れた作曲家は誰かなど。北斎と広重による浮世絵風景版画シリーズの謎に迫る機会を楽しみたい。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。