EXHIBITIONS

IWAKAN MAGAZINE 2nd EXHIBITION −愛情−

bookshop / gallery タタ
2021.03.26 - 04.11

『IWAKAN Volume 02|特集 愛情』表紙

違和感瞬間「泡沫の縁」 © IWAKAN & Edo Oliver All Rights Reserved

愛情/服従 © Jeremy Benkemoun All Rights Reserved

憧れ © Niko Wu All Rights Reserved

Memory of a close encounter © Ana Karkar All Rights Reserved

娘達のレクイエム © 徒花ブルーム All Rights Reserved

「違和感」を抱く人たちに寄り添う雑誌『IWAKAN』第2号(REING)の発売記念展が、東京・高円寺の「タタ」で開催される。

『IWAKAN』は、世のなかの当たり前に「違和感」を問いかけることをコンセプトに、昨年10月に創刊された。人々が抱く「違和感」に100点の答えを出すのではなく、ともに考え、新たな当たり前をともに創造し、提案していきたいという思いから始まり、ジェンダーや性別の当たり前に違和感を投じた創刊号・特集「女男」は、初版500冊が発売から2日で完売。1ヶ月半で3度増刷・累計1500冊を発行した。

 3月26日に発売される『IWAKAN』第2号の特集テーマは「愛情」。社会がつく上げた恋愛のルールに違和感を感じる人たちに寄り添うために、ジェンダーやバイナリーにとらわれない愛のあり方を考える一冊となる。

『IWAKAN Volume 02』には、このコンセプトに共感する国内外のアーティストやクリエイター、アナ・カーカー、エド・オリバー、ジェレミー・ベンケムン、ケリー・ベルター、ルーカス・ラロシェル、ニコ・ウー、徒花ブルーム × 葛西・パレ 有希の7組が参加。愛を取り巻く固定観念や幻想を様々な角度から問い直そうと、同雑誌のために創作されたアートワークの数々が収録される。

 本展では、今月号に登場する作品の原画に加え、会場でしか見ることのできない映像作品やアザーショット写真などを展示。会場にて雑誌の購入と閲覧もできる。