EXHIBITIONS

テート美術館所蔵 コンスタブル展

2021.02.20 - 05.30

ジョン・コンスタブル ハムステッド・ヒース、「塩入れ」と呼ばれる家のある風景 1819-20頃 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル 自画像 1806 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル ブリッジズ一家 1804 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル フラットフォードの製粉所(航行可能な川の情景) 1816-17 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル ブライトン近郊の風車 1824 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル チェーン桟橋、ブライトン 1826-27 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル 虹が立つハムステッド・ヒース 1836 テート美術館蔵 © Tate

ジョン・コンスタブル ウォータールー橋の開通式(ホワイトホールの階段、1817年6月18日) 1832発表 テート美術館蔵 © Tate

J.M.W.ターナー ヘレヴーツリュイスから出航するユトレヒトシティ64号 1832 東京富士美術館蔵 ©︎ 東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

 イギリスの画家、ジョン・コンスタブルの回顧展「テート美術館所蔵 コンスタブル展」が三菱一号館美術館で開催される。大規模な回顧展は、日本では35年ぶりとなる。

 J. M. W.ターナーとともに、19世紀イギリスにおいて風景画を刷新し、その評価を引き上げたことで知られるコンスタブル。ターナーが絶えず各地を旅して、国内外の景観を膨大な数の素描に収めたのとは対照的に、コンスタブルは、一心に自身の生活や家庭環境と密接に結びつく場所を描いた。

 コンスタブルの故郷であるサフォーク州の田園風景をはじめ、家族や友人と過ごしたソールズベリー、ハムステッド、ブライトンなどの光景を写した生気あふれる作品の数々は、この画家が何を慈しみ、大切に育んだのかを雄弁に物語る。

 本展では、テート美術館の所蔵するコンスタブルの作品群から、ロイヤル・アカデミー展で発表された大型の風景画や、再評価の進む肖像画などの油彩画、また水彩画や素描が来日。ターナーとの対決が勃発した1832年ロイヤル・アカデミー展での展示を再現するほか、同時代に活動した画家たちの作品も紹介する。

 イギリス国内で所蔵される秀作を含む全85点を通じ、ひたむきな探求の末にコンスタブルが実らせた、瑞々しい風景の世界を堪能したい。