EXHIBITIONS

開館10周年記念

1894 Visions ルドン、ロートレック展

2020.10.24 - 2021.01.17

オディロン・ルドン 神秘的な対話 1896頃 岐阜県美術館蔵

オディロン・ルドン グラン・ブーケ(大きな花束) 1901 三菱一号館美術館蔵

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて 1893 三菱一号館美術館蔵

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『レスタンプ・オリジナル』より《第1年次のための表紙》 1893 三菱一号館美術館蔵

山本芳翠 浦島 1893-95頃 岐阜県美術館蔵

1894年竣工当時の旧三菱一号館

 三菱一号館美術館が「1894 Visions ルドン、ロートレック展」を開催中。開館10周年記念展の最後を飾る本展は、丸の内初のオフィスビルとして三菱一号館が竣工した年、「1894年」を軸に、同館のコレクションの中核をなすふたりの画家、オディロン・ルドンアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの時代に焦点を当てる。

 1840年、フランスの南西部の町ボルドーで生まれたルドン(〜1916)。79年、39歳の時に石版画集『夢のなかで』でデビューしたルドンは、この前後では主に木炭画の制作を継続しながら石版画を制作し、94年以降にはパステルや油彩画などの色彩の作品を発表。1900年にドムシー男爵から発注を受けて巨大なパステル画《グラン・ブーケ(大きな花束)》を手がけ、110年以上秘蔵されていた同作が日の目を見ると、ルドンの代表作のひとつとして知られるようになる。

 南仏の町アルビで生まれたロートレック(1864〜1901)は、幼い頃から画才を示し、1880年代後半にはパリのモンマルトルで夜の街の人々をモデルに描いた。当時のパリでは、カラー・リトグラフ(多色石版画)で刷られた色彩豊かなポスターが街角を飾り始めており、91年にロートレックはこの技法を用いた《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》で衝撃的なデビューを果たすと、画家としてだけでなく、グラフィック・アーティストとしても目覚ましい活躍を見せた。

「1894年」はルドンが色彩の作品を初めて発表した年であり、ロートレック、ルドン、そしてポール・ゴーギャンが参加した『レスタンプ・オリジナル』の刊行年(1893〜95)とも重なる。いっぽう、同時代の日本では、フランスへ留学し、ルドンと同じ師のもとで学んだ山本芳翠が、代表作《浦島》を制作した時代でもあった。

 岐阜県美術館との共同企画で開催する本展は、同館が誇る世界有数のルドン・コレクションから貴重な木炭とパステル画、ゴーギャンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、また山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品し、日本の洋画家と欧州の美術史の関係にも着目。国内外あわせて前期・後期それぞれ約120点の作品で構成される(会期中、展示替えあり)。
 
「1894年」を軸に、西洋と東洋、油絵とリトグラフ、芸術と工芸というカテゴリーを超えて育まれた新しい感性の芸術家のヴィジョンを通して、躍動する時代の息吹を紹介する展覧会。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。