EXHIBITIONS

今井俊介 展「point of view point」

Meets by NADiff Wall Gallery
2020.02.18 - 03.15
 鮮やかな色彩のストライプやドットの模様で構成された絵画を描くアーティスト・今井俊介の個展が、渋谷PARCO「Meets by NADiff」のWALL GALLERYで開催される。

 今井は1978年福井県生まれ。2004年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。絵画の基本的要素である、色、かたち、空間についての考察をもとに制作を行う。主な展覧会に、「range finder」(Kunstverein Grafschaft Bentheim、ドイツ、2019)、「MOTコレクション ただいま/はじめまして」(東京都現代美術館、2019)、個展「range finder」(HAGIWARA PROJECT、東京、2019)、「float」(HAGIWARA PROJECT、東京、2017)などがある。

 2012年から継続している「フラッグ」シリーズは、ストライプ状の形が揺らぎ、重なりあう造形の組み合わせからなり、画面の鮮やかな色彩は見る者に鮮烈なインパクトを与える。

 本展では、昨年ドイツで発表された絵画作品を中心に展示。少ない要素から絵画の可能性や視覚作用を最大化させる試作を重ね、さらなるアップデートを遂げる「フラッグ」シリーズを紹介する。