EXHIBITIONS

Colors and Figuration

2019.07.11 - 08.07

田中敦子 「作品」 1972

塔尾栞莉 連れていく 2018

戦後から現代にかけて活躍する女性作家のなかから、田中敦子草間彌生、鍵岡リグレアンヌ、塔尾栞莉(とのお・しおり)の4名に焦点を当てたグループ展。自身の体験や記憶をもとに、美術史における既存の様式や枠組みを越えて独創的な世界観を生み出す作家4名が競演する。

 本展のテーマは「日本人女性作家の色彩豊かな形態表現」。一貫して円と線の形象に向き合った田中の70年代の作品、動植物の反復や有機的パターンの重なりによって神秘的な生命力を放つ草間の作品《蝶》(1982)、水面の反射を題材に、油絵と壁画双方の技法を融合させて描かれる鍵岡の「Reflection」シリーズ、情報が氾濫する現代において、脳内で圧し潰されていく記憶の刹那を、デバイスを模した画布上に描出する塔尾の作品が展示される。