ARTISTS

田中敦子

Atsuko Tanaka

1932年大阪府生まれ。51年に京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)に入学し、同年中退。53年の入院中に、退院を待ちわびながら数字を順に描画したことをきっかけに、退院後にその経験をコラージュによる《カレンダー》として作品化した。白髪一雄、村上三郎らが結成した「0会」への参加を経て、55〜65年まで前衛芸術グループ「具体美術協会」の一員として活動。「第1回具体美術展」で、約40メートルの電気コードに、等間隔に連ねた20個のベルが順に鳴り響く《作品(ベル)》(1955)、「第2回具体美術展」では、9色の合成エナメル塗料で塗り分けられた管球約100個と電球約80個からなる《電気服》(1956)を発表した。その後《電気服》の管球と電球、電気コードから着想を得て、57 年より絵画シリーズを開始。合成樹脂エナメル塗料を多用し、電気から光へのエネルギーの交換現象を生涯描き続けた。また、93年には、具体美術協会の一員として第45回ヴェネチア・ビエンナーレに参加。主な展覧会に「現代美術の実験」(東京国立近代美術館、1961年)、「戦後日本美術の展開―抽象表現の多様化」(東京国立近代美術館、1973年)など。2005年没。