EXHIBITIONS

クリムト展 ウィーンと日本 1900

豊田市美術館|07.22 - 10.13

グスタフ・クリムト ユディトⅠ 1901 油彩、カンヴァス 84×42cm ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

グスタフ・クリムト 女の三世代 1905 油彩、カンヴァス 171×171cm ローマ国立近代美術館 Galleria Nazionale d’Arte Moderna e Contemporanea, Roma

グスタフ・クリムト ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実) 1899 油彩、カンヴァス 244×56.5cm オーストリア演劇博物館 © KHM-Museumsverband, Theatermuseum Vienna

グスタフ・クリムト オイゲニア・プリマフェージの肖像 1913 / 1914 油彩、カンヴァス 140×85cm 豊田市美術館

 19世紀末から20世紀にかけてウィーンで活躍したグスタフ・クリムト。写実的でアカデミックな画風を出発点に、劇場の壁画装飾において名を馳せ、やがて金箔を多用する「黄金様式」の時代を経て、装飾的で抽象的な色面と人物を組み合わせた独特の画風を確立した。
 
 1897年には保守的なウィーン画壇から離脱し、「ウィーン分離派」を結成。同時代の芸術家らとともに絵画・彫刻・建築・工芸が融合する総合芸術を目指した。クリムトが追求した新しい造形表現の活動は、エゴン・シーレら次世代の画家たちにも大きな影響を与えている。

 クリムトの没後100年、日本オーストリア友好150周年を記念する本展には、日本初公開の《女の三世代》を含む名品約120点が集結。代表作《ユディトⅠ》をはじめとした油彩画25点以上の展示は国内過去最多となる。