EXHIBITIONS

ガブリエル・オロスコ

RAT HOLE GALLERY|06.27 - 10.04

ガブリエル・オロスコ Untitled 2018 Courtesy of the artist; Kurimanzutto, Mexico City / New York; Rat Hole Gallery, Tokyo

ガブリエル・オロスコ De' onde'  2018 Courtesy of the artist; Kurimanzutto, Mexico City / New York; Rat Hole Gallery, Tokyo

 メキシコ出身のアーティスト、ガブリエル・オロスコの、日本では4年ぶりとなる個展が開催されている。

 オロスコは1962年生まれ、84年メキシコ国立美術大学卒業後。ファウンド・オブジェやユーモラスな手法を用いて、日常のなかにある偶然の発見や、知覚を誘発する作品を制作。表現形態は、写真から立体、ペインティング、ドローイングまで多岐にわたる。日本では、2015年に東京都現代美術館で大規模個展「ガブリエル・オロスコ展 -内なる複数のサイクル」を開催した。

 本展では、新作のペインティングやドローイング、立体作品を発表。新作はいずれも、円形をはじめとするオロスコ特有の幾何学的言語と結びつけられながら、彫刻と絵画、オブジェクトとイメージのあいだ、そして運動と反運動の関係への、作家の関心が表されている。