EXHIBITIONS

虫展 −デザインのお手本−

21_21 DESIGN SIGHT|07.18 - 11.03

隈研吾建築都市設計事務所+アラン・バーデン 新作イメージ

小檜山賢二 トビケラの巣

水江未来 inside the cocoon(イメージ)

鈴木啓太 虫の工夫、人の工夫(イメージ)

村山誠 Curculio robustus - dorsal, ventral view(イメージ)

パーフェクトロン 新作イメージ

パーフェクトロン 新作イメージ

隈研吾建築都市設計事務所+江尻憲泰 新作イメージ

岡篤郎+小林真大 MAO MOTH LAOS(イメージ)

 虫たちの不思議で多様な姿を手本に、デザインの新たな一面を学ぶ展覧会。ディレクターにグラフィックデザイナーの佐藤卓、企画監修には解剖学者の養老孟司を迎えて開催する。

 本展では、デザイナーや建築家、構造家、アーティストが、虫から着想を得た様々な作品を展示。小さな身体を支える骨格を人工物にあてはめる、はねをしまう仕組みをロボットに応用する、あるいは幼虫がつくり出す巣の構造を建築に見立てるなど、作品を通して虫たちの驚くような工夫に注目する。

 参加作家は、阿部洋介、石黒猛、岡篤郎+小林真大、隈研吾建築都市設計事務所+アラン・バーデン/江尻憲泰/佐藤淳、小檜山賢二、鈴木啓太、中野豪雄、長谷川弘佳、パーフェクトロン、三澤遥(日本デザインセンター)、水江未来、向井翠(TSDO)、村山誠、藤田すずか+宇野由希子+阿部憲嗣、山中俊治、吉泉聡(TAKT PROJECT)、脇田玲。