• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポ…
EXHIBITIONS

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵

大分県立美術館|05.17 - 06.29

生野祥雲斎 七宝文煤竹網代編盛籃 1947頃 The Abbey Collection, “Promised Gift of Diane and Arthur Abbey to The Metropolitan Museum of Art.”
Image © The Metropolitan Museum of Art

 世界屈指の美の殿堂、メトロポリタン美術館。本展は、メトロポリタン美術館で2017〜18年にかけて開催され、ニューヨークを魅了した「日本の竹工芸:アビー・コレクション」展の世界巡回展として、高名な美術コレクターであるアビー夫妻が収集した竹工芸を紹介する。

 会場には、竹工芸で初めて人間国宝に認定された大分県出身の生野祥雲斎(しょうの・しょううんさい)のほか、初代早川尚古斎(はやかわ・しょうこさい)、初代田辺竹雲斎(たなべ・ちくうんさい)、飯塚琅玕斎(いいづか・ろうかんさい)ら、日本の竹工芸の歴史を彩る代表的作家の名品が勢揃い。人間国宝6人を含む44作家による75件で構成されるアビー・コレクションは日本初公開となる。

 明治期の伝統的な花籠から現代の斬新な作品まで、竹の造形の多様な表現と可能性を楽しむことができるだろう。