EXHIBITIONS

岩根愛 個展「ARMS」

岩根愛 「ARMS」シリーズより © Ai Iwane Courtesy of KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

岩根愛 「ARMS」シリーズより © Ai Iwane Courtesy of KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

岩根愛 「ARMS」シリーズより © Ai Iwane Courtesy of KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

岩根愛 「ARMS」シリーズより © Ai Iwane Courtesy of KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

 ハワイと福島の深いつながりを追った作品集『KIPUKA』で、第44回木村伊兵衛写真賞を受賞した岩根愛の個展が開催される。

 岩根は東京都出身。1991年に単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学。自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、アシスタントを経て1996年に独立。2006年以降、ハワイにおける日系文化を注視し、13年より福島県三春町にも拠点を構えて、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続ける。

 18年、初の作品集『KIPUKA』(青幻舎)を発表。福島から渡った盆唄「フクシマオンド」がハワイで「ボンダンス」となった、2つの土地のつながりの歴史を見出し、12年の長い年月をかけた壮大なフィールドワークを結実させた。

 本展では、『KIPUKA』から新たに派生した「新緑」がテーマの未発表作《ARMS》を展示。《ARMS》は岩根が体感した、ハワイと東京の新緑に通底するものを込めた写真作品となる。