EXHIBITIONS

ウィリアム・モリス

―英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡

メドウェイ(内装用ファブリック) 1885 デザイン=ウィリアム・モリス モリス商会 Photo © Brain Trust Inc.

ひなぎく(壁紙) 1864 デザイン=ウィリアム・モリス モリス・マーシャル・フォークナー商会 Photo © Brain Trust Inc.

格子垣(白)(壁紙) 1864 デザイン=ウィリアム・モリス(小鳥はフィリップ・ウェッブ) モリス・マーシャル・フォークナー商会 Photo © Brain Trust Inc.

ウィリアム・モリス肖像写真 Photo © Brain Trust Inc.

 19世紀の偉大な芸術家、思想家として知られるウィリアム・モリス。イギリスにおける「アーツ・アンド・クラフツ運動」の先駆者であり、モダン・デザインの父といわれるモリスは、その生涯において制作に適した環境を求め、様々な地に移り住んだ。

 モリスの「住まい」と「学び」、そして「働いた場所」に焦点を当て、創作の遍歴を時代を追ってひも解く本展。少年時代を過ごした「エピングの森」、新婚時代の住まいである「レッド・ハウス」、理想郷と称えられた「ケルムスコット・マナー」などを撮影した、写真家・織作峰子の風景写真とともに、織物やテキスタイル、壁紙、家具、本、タイル、ランプなど、モリスとその仲間たちによって制作されたオリジナル作品約80点を紹介する。