EXHIBITIONS

めがねと旅する美術展

―視覚文化の探究―

静岡県立美術館|11.23 - 01.27

山口晃 百貨店圖 日本橋三越 2004 株式会社三越伊勢丹ホールディングス 撮影=宮島径 © YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery

不染鉄 山海図絵(伊豆の追憶) 1925 公益財団法人木下美術館蔵

金巻芳俊 円環カプリス 2018 作家蔵 © Yoshitoshi Kanemaki, FUMA Contemporary Tokyo / 文京アート

山田純嗣 (17-3)舞妓林泉 2017 作家蔵

松本啓吾、鳴海拓志、簗瀬洋平、伴祐樹、谷川智洋、廣瀬通孝(東京大学大学院廣瀬・谷川・鳴海研究室+Unity Japan) Unlimited Corridor 2017

 「めがね」をキーワードに、広義にとらえられる「みる」ことの意味を問い直す展覧会。画像や動画、文字やサインなど視覚情報を認識するためのに欠かせない「みる」という行為を通して現代社会を見つめる。

 本展では、遠近法とレンズを用いた江戸のめがね絵から、視覚のトリックを用いたユニークな現代美術やVR(バーチャルリアリティー)まで、人々の視覚に対する探究の跡をたどる浮世絵、絵画、映像作品、インスタレーション作品など計約200点が並ぶ。

 出品作家は、歌川広重、棟方志功、不染鉄、山口勝弘、高松次郎山口晃鈴木理策、松村泰三、岩崎貴宏、千葉正也森村泰昌、諏訪敦、山田純嗣、金巻芳俊ほか多数。