EXHIBITIONS

没後10年 白髪一雄「水滸伝豪傑シリーズ」

アクション・ペインティングによる豪放の世界

尼崎市総合文化センター 美術ホール(5階)|11.10 - 12.16

白髪一雄 弐(天功星浪子) 1962 東京都現代美術館蔵

白髪一雄 地煞星鎮三山 1961 芦屋市立美術博物館蔵

白髪一雄 天暴星両頭蛇 1962 京都国立近代美術館蔵

 ロープにつかまり、素足で滑走して描くダイナミックなアクション・ペインティングで知られる白髪一雄。その没後10年を節目として、海外でも人気が高い白髪の代表作「水滸伝豪傑シリーズ」全108点のうち、国内美術館所蔵の20点を紹介する個展が開催される。

 白髪は少年時代から中国の古典文学や書に興味を抱き、とりわけ『水滸伝』を愛読。その影響が見られる「水滸伝 豪傑シリーズ」は、白髪が具体美術協会で活躍した1950年代後半~60年代前半に描かれた作品で、渾身のエネルギーを画面にぶつけた、白髪作品の真骨頂と言える。

 それぞれの作品には、『水滸伝』の豪傑108人の名がタイトルとしてつけられており、アクション・ペインティングによって表された豪放の世界観を堪能できる。

 本展と同時期に、尼崎市総合文化センター館内の白髪一雄記念室では、中国の歴史や芸術文化の影響が感じられる作品を紹介する「中国への憧れ」展を開催。