EXHIBITIONS

マイケル・ケンナ写真展

A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018

東京都写真美術館|12.01 - 01.27

マイケル・ケンナ Taushubetsu Bridge, Nukabira, Hokkaido, Japan 2008 © Michael Kenna / RAM

マイケル・ケンナ White Bird Flying, Paris, France. 2007 © Michael Kenna / RAM

マイケル・ケンナ Chariot of Apollo, Study 1, Versailles, France. 1988 © Michael Kenna / RAM

マイケル・ケンナ Railway Lines and Entry Building, Birkenau, Poland 1992 © Michael Kenna / RAM

マイケル・ケンナ Mont St. Michel, France 1991 © Michael Kenna / RAM

マイケル・ケンナ Empire State Building, Study 6, New York, New York, USA.  2010 © Michael Kenna / RAM

 静謐な叙情を湛えるモノクロームの世界を生みだす、風景写真家マイケル・ケンナの日本初となる回顧展が開催される。

 ケンナは、1953年イギリス生まれの写真家。ロンドン芸術学校で写真を学び、現在はシアトルを拠点に活動を行う。長時間露光によって、移ろう自然の神秘、多様な文化への憧憬を一葉の写真に焼きつけるその芸術性は、世界で評価されている。
 
 本展では、ケンナの45年にわたるキャリアの初期から最近作まで、代表的な作品を選りすぐって紹介。また、日本を愛するケンナが毎年のように訪れて撮影した日本の風景に加え、秘かに日本の古い家屋で撮影してきた未発表のヌード作品を今秋のパリフォトに続き、日本で初めて公開。さらに、芸術文化シュヴァリエ章を受章したナチスドイツの強制収容所跡28ヶ所を撮影した連作が日本で初めて展覧する。