EXHIBITIONS

小倉遊亀展

平塚市美術館|10.05 - 11.17

小倉遊亀 コーちゃんの休日 1960 東京都現代美術館蔵

小倉遊亀 浴女 その一 1938 東京国立近代美術館蔵

小倉遊亀 姉妹 1970 滋賀県立近代美術館 展示期間=10月30日-11月18日

 日本の伝統を重んじながら、生命感あふれる作品世界を築き上げた日本画家・小倉遊亀の大規模な回顧展が開催されている。

 小倉は1895年滋賀県生まれ。安田靫彦(ゆきひこ)に師事し、その後、アンリ・マティスなどの近代絵画の影響を受け、人物画や静物画を手がけた。その現代的で清新な作風が注目を集め、上村松園賞、日本芸術院賞、そして文化勲章を受章。2000年に105歳で没するまで、目覚ましい活躍を重ねた。

 本展は、2001年に鎌倉芸術館で開催された追悼展以来、県内の美術館では17年ぶりとなる本格的な回顧展。初期から晩年までの代表作、また愛蔵の陶磁器類や挿絵類など約120点により、その画業を振り返る。