AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

佐藤誠高 個展「Reality -Dancing on the Edge-」

2024.01.27 - 02.14

佐藤誠高 Beauty 2

 銀座 蔦屋書店で、佐藤誠高の個展「Reality -Dancing on the Edge-」が開催されている。

 佐藤は1980年愛知県生まれ。2008年に東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻を修了し、07年に第8回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)にてグランプリを受賞した。その後17年にIndependent Tokyo 2017にてグランプリ受賞。

 佐藤は実在の人物や花などをモチーフとし、写真と見間違えるほど精密な鉛筆画に、大胆な絵具使いで抽象的なペインティングを施す作風で知られている。一般的に人々がもっとも美しいと感じる目や花弁などの部位を絵具で覆い隠すことで、モチーフ自体がもつ本来の美しさを表現。21年秋にSCÈNEにて開催した個展「Dancing on the Edge」のステートメントで佐藤は以下のように語っている。

「リアルとは、例えば表面的な美しさに表れるものではなく、そのうちに潜む狂気と社会性、本能と優しさなど、様々なものごとの狭間で保たれている危うい均衡の上にこそ見えるものである」。

 リアリティへの飽くなき追究を重ねてきた佐藤が、現時点での集大成として作品集および個展タイトルに選んだフレーズが「Reality -Dancing on the Edge-」だ。本展では、より研ぎ澄まされた佐藤の感性が生み出した立体作品を含む新作の数々を展示する。