AdvertisementAdvertisement
ARTISTS

平川祐樹

Youki Hirakawa

 平川祐樹は1983年愛知県生まれ。2008年に名古屋学芸大学大学院メディア造形学科研究科を修了し、11年よりドイツを拠点に活動。考古学や地質学から着想を得て、場所やものに宿った「時間」や「記憶」をテーマとした映像作品を制作してきた。近年は古い映画フィルムから銀を抽出する、あるいはフィルムの灰を平面へと置き換える作品を発表。また記録はあるものの、震災や戦火など様々な理由で失われた映画のタイトルや製作年で構成した「Lost Films」シリーズ(2017〜)が国内外で高く評価され、19年にロッテルダム国際映画祭(オランダ)、オーバーハウゼン国際短編映画祭(ドイツ)、ショートウェーブス映像祭(ポーランド)など数々の映画祭で招待上映された。

 主な個展に、「Rêve d’artiste La Magie à travers les âges」(アンドーギャラリー、東京、2019)、「平川祐樹―映画の見る夢」(ポーラ美術館、神奈川、2018)、「映画になるまで 君よ高らかに歌へ」(アンドーギャラリー、東京、2018)、「The Better Way Back to the Soil」(ダブル・スクエア・ギャラリー、台北、2017)、「Close Your Eyes」(クンストラーハウス・ベタニエン、ベルリン、2015)など。展覧会に、「台北デジタル・アート・フェスティバル」(2017)、「19th DOMANI・明日展」(国立新美術館、東京、2016)、札幌国際芸術祭2014、あいちトリエンナーレ2013などがある。