ARTISTS

高木耕一郎

Koichiro Takagi

 高木耕一郎は東京都生まれ。サンフランシスコのアートスクールで様々な素材を学び、しばらくニューヨークを制作拠点にした後、2005年に帰国。現代社会が抱える「違和感」をテーマに、刺繍やペインティングなどを用いて、幅広いスタイルによる作品を展開。動物や擬人化された動物たちをモチーフとし、匿名性と神秘性が内包された作品のなかに、親近感と違和感が混在する奇妙な居心地の悪さを生み出す。 国内外の企画展やグループ展の参加、個展開催など、画家として精力的に活動し 、BEAMSやPORTER、Paul Smith、ユニクロなど、アパレルブランドへのデザイン提供やコラボレーションも数多く手がけている。