×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.28

身体的な接触が共通点。5組の作家たちによる「ALLNIGHT HAPS 2017」後期展示がスタート

ビデオや写真を用いた作品を発表している作家・髙橋耕平が企画する、ALLNIGHT HAPS 2017後期「接触の運用」が、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)で開催される。本展の会期は2017年12月6日〜2018年4月23日で、5組の作家たちが順番に展示を行う。

髙橋耕平 街の仮縫い、個と歩み 2016 撮影=表恒匡 兵庫県立美術館での展示風景

 「ALLNIGHT HAPS」は、「東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)」で毎年行われている、年間2人の企画者による展覧会。その後期展示として、アーティスト・髙橋耕平が企画する「接触の運用」が開催される。

石川卓磨 Motion/Capture#2 2016 発色現像方式印画 27.8×41.7cm

 本展には、石川卓磨、三重野龍、笹岡由梨子、柳瀬安里、そして小林耕平と髙橋の2人が協働で参加。ダンサーの動きを高速シャッターによる静止画でとらえる石川や、グラフィックデザイナーの三重野など、さまざまな分野で活動する作家たちが揃った。

 本展のテーマは、「身体」の運用をとおした作品制作。「身体」は、記録や複製を扱う髙橋自身の主題であるとともに、髙橋が上記の作家たちの間に見出した共通点でもある。今回は、12月6日から行われる石川の展示を皮切りに、5組のアーティストが順番に展覧会を開催していく。

笹岡由梨子 Swiss 2016 ビデオ・インスタレーション

information

ALLNIGHT HAPS 2017後期「接触の運用」

会期:2017年12月6日〜2018年4月23日
会場:HAPSオフィス1F
住所:京都市東山区大和大路五条上る山崎町339
電話番号:075-525-7525
開館時間:18:00〜9:30(翌日朝)
出展作家:
①石川卓磨 2017年12月6日〜12月26日
②三重野龍 2018年1月9日〜1月31日
③笹岡由梨子 2018年2月6日〜2月28日
④柳瀬安里 2018年3月6日〜3月26日
⑤小林耕平+髙橋耕平 2018年3月30日〜4月23日

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします