×
NEWS / HEADLINE - 2017.11.24

デヴィッド・リンチの頭の中を垣間見る。『デヴィッド・リンチ:アートライフ』が18年1月公開

『ツインピークス』をはじめとする数々の映像作品や、写真、絵画、音楽など多方面でその才能を見せるデヴィッド・リンチ。その創作の背景に迫ったドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』が2018年1月27日より公開される。

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』より ©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

 映画監督、脚本家、プロデューサー、そして画家など様々な肩書きを持つデヴィッド・リンチ。1976年の長編デビュー作『イレイザーヘッド』以降、『エレファント・マン』(1980年)や、『ワイルド・アット・ハート』(1990年)、そして日本でもヒットしたテレビドラマ『ツイン・ピークス』など数々の作品を手がけ、映画界のカリスマとして現在も強い存在感を放ち続けている。

 そのリンチに2年半もの間、密着撮影したドキュメンタリー映画が『デヴィッド・リンチ:アートライフ』だ。

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』より ©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

 本作では、アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期や、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱など、映画監督にいたるまでの過去をリンチが語る。

 リンチが自身のアトリエでキャンバスに絵を描く姿や、愛娘とのひとときなど、そこにはありのままの姿が淡々と映し出されている。

 監督は、これまでリンチのドキュメンタリー映画『リンチ 1』(2007年)を手がけたジョン・グエン。

 25時間分の映像から選りすぐられた88分を通して、鬼才デヴィッド・リンチの頭の中を垣間見るような体験ができるだろう。

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』より ©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

information

デヴィッド・リンチ:アートライフ

公開:2018年1月27日より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次ロードショー
監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム
音楽:ジョナサン・ベンタ
出演:デヴィッド・リンチ
配給:アップリンク

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします