×
NEWS / PROMOTION - 2017.8.31

グランプリは3週間の個展開催。
第7回エモンアワードが作品を募集

写真を軸に、新たな表現を模索するアーティストを発掘する「エモンアワード」が第7回の作品募集を行っている。応募締切は12月9日。グランプリには2018年夏に3週間の個展開催権と副賞10万円が与えられる。

前回グランプリを受賞した大坪晶の個展の様子

 東京・南麻布のEMON PHOTO GALLERYが主催し、今年で第7回目を迎える「エモンアワード」は、写真または写真を媒介させた表現を広く募集するアワード。前回は、無作為に集めた人物写真を使って記録と記憶を探求した、コラージュ作品の大坪晶がクランプリに輝いた。

 一次審査(書類選考)を経た後、グランプリ発表前にファイナリスト8名によるプレゼンテーション展(2018年2月10日〜16日)が開催され、最終公開審査が行われるのが本アワードの特徴。

 今回、審査員を務めるのは飯沢耕太郎(写真評論家)、河内タカ(便利堂海外事業部ディレクター)、​​鈴木芳雄(編集者、美術ジャーナリスト)、​​中西玲人(アートプロデューサー/echo visions代表)、山口裕美(アートプロデューサー)、小松整司(EMON・ディレクター)ほか。グランプリ受賞者には2018年夏に3週間の個展開催の権利が与えられるほか、副賞として賞金10万円が贈られる。

 応募締め切りは12月10日(消印有効)。申込み用紙などはEMON PHOTO GALLERYウェブサイトからダウンロードできる。

information

第7回エモンアワード

締切:2017年12月10日 ※消印有効
詳細は公式サイトより。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします