×
NEWS / HEADLINE - 2017.7.25

六本木アートナイト2017のメインプログラム・アーティストに蜷川実花! テーマは「未来ノマツリ」

六本木の街を舞台にした一夜限りのアートイベント「六本木アートナイト2017」が9月30日から10月1日にかけ開催される。今年のメインプログラム・アーティストは写真家・蜷川実花。気になるそのプログラムとは?

蜷川実花と南條史生

 「六本木アートナイト」は2009年からスタートし、今回で第8回を数える一夜限りのアートイベント。六本木の街を中心に、夜通し数々のイベントが行われることで知られ、昨年は延べ63万人を動員した。

 今年のテーマは「未来ノマツリ」。メインプログラム・アーティストに写真家の蜷川実花を迎え、フォトブースを含む複数のインスタレーションを行うほか、蜷川独自の色彩溢れるモチーフがそこかしこに展開されるという。また、今年は「東南アジア・プロジェクト」も実施。このプロジェクトでは、東南アジアのアーティストや、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストを招聘し、様々な人との協働を通じて作品を制作・発表する。

ナウィン・ラワンチャイクン OK Tower 2016

 六本木アートナイト実行委員会委員長で森美術館館長の南條史生は「日本でいま重要なのは文化。日本が示すべきものはクリエイティビティで、アジアの中でプレゼンスを示す必要がある」としながら、「東京にはトリエンナーレなどの芸術祭がないので、アートナイトで東京のクリエイティビティを可視化する。蜷川さんは初期の頃から知っていて、その多彩な色合いが『祭り』というテーマにぴったり」だと話す。

 一方、蜷川自身も「今回のテーマは我ながら合っていると思う」とコメント。「ワクワクドキドキしながら準備しているところです。『六本木の夜』は響きが特別。それだけでワクワクする。六本木は大人が遊ぶ街というイメージが強かったけど、六本木ヒルズができてアートの要素が加わったことで安定した街になった。『祭り』って楽しいんだけど、猥雑なものもある、洗練されたものだけでなはい、というのが私の好みなのですごくやりやすい」。

南條史生と蜷川実花

 南條は今回のアートナイトへの意気込みとして「数字的には去年を上回りたい。観客も国際化してほしいし、世界の中の日本、アジアの中の日本という視点を持ちながら楽しんでもらいたい」としている。

information

六本木アートナイト2017

会期:9月30日​ 10:00​~10月1日 ​18:00
コアタイム:9月30日 17:27(日没)〜10月1日 05:36(日の出)
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯
会場:六本木ヒルズほか六本木各所
電話番号:03-5777-8600
料金:無料 ※一部プログラムおよび美術館の企画展は有料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします