×
NEWS / EXHIBITION - 2017.4.27

何かが起こる! あの「パープルーム」がワタリウム美術館で展覧会を開催

ネット空間から絵画空間、批評空間までを行き来する美術の共同体「パープルーム」がワタリウム美術館で18日間の展覧会「恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画」を開催する。会期は6月1日〜18日。

パープルーム予備校。中央が主宰の梅津庸一 撮影=菊池良助

 SNSを通じて全国から集まった若者が共同生活を営む私塾「パープルーム予備校」は、2013年に誕生し、ネット空間から絵画空間、批評空間までを行き来する美術の共同体「パープルーム」の活動拠点。同校を主宰する美術家・梅津庸一は、自宅で私塾を開き、SNSなどを介して全国から若者を集め、共同生活を営みながら、美術と共同体の新しいかたちを模索している。

KOURYOUによるパープル―ムウェブサイトより

 本展は、数百点に及ぶ様々なタイプの作品やその副産物、関連資料によってパープルームが網羅的に紹介されるもの。また、通常の展覧会とは異なり、会期中にパープルームの作家たちが会場で生活したり、突発的なレクチャーが催されたりと、絶え間なく何かが起こり続ける。

 なお、本展タイトルに冠された「構想画」について、梅津は以下のようなテキストを寄せている。

かつて黒田清輝は日本に「構想画」という概念を根付かせようとしたがあまり上手くいかなかった。そもそも構想画という語に対応する概念が西洋には存在するのかすらあやしい。もし現在、構想画というものがあり得るのだとしたらそれは洋画という体裁をとらないだろう。それは一点の達成としてではなく出自や生息地の違うものたちの生態系の緩やかな連帯や継ぎ目を含めた地勢図としてバラバラなまま統合され出現する。パープルームとは構想画である。

information

恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画

会期:2017 年6月1日〜18日
会場:ワタリウム美術館
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
電話番号:03-3402-3001
開館時間:11:00〜20:00(水〜21:00)
休館:月
料金:一般 1000円 / 学生(25歳以下 ) 800円 / 小中学生 500円 / 70歳以上 700円 ※ペア券:大人2人 1600円 / 学生2人 1200円
出展作家:小林椋、鋤柄ふくみ、予定と卵、坂本夏子、フナイタケヒコ、三瀬夏之介、泰平、宮下大輔、urauny、平山昌尚、3回目のゲルゲル祭、qp、梅津庸一、超エッチ+、小宮麻吏奈、リスカちゃん、荒木悠、村田冬実、KOURYOU
パープルーム予備校生:安藤裕美、アラン、智輝

event

各回とも参加無料。展覧会入場券(未使用のもの)で参加可。予約不要。各回18:00〜
泰平プレゼンツ「ポスト・モダンからプレ・シンギュラリティへ―疲弊から興隆への理性的移乗I」
開催日:6月2日
講師:泰平、ゲスト
東北画とパープルーム―構想画について―
開催日:6月3日
講師:三瀬夏之介、梅津庸一
上妻世海による連続講義「『制作と二人称の哲学―宇宙遊泳の時代に―』第一回制作と二人称の哲学序論
開催日:6月4日
講師:上妻世海、ゲスト
パープルーム予備校2期生 アラン「盤上遊戯は呪文や能力によっては打ち消されない。」
開催日:6月6日
講師:アラン
パープルーム予備校1期生 安藤裕美「ナビ派とパープルームについて」
開催日:6月6日
講師:安藤裕美
「絵画をよむ」
開催日:6月7日
講師:平倉圭、梅津庸一
上妻世海による連続講義「『制作と二人称の哲学―宇宙遊泳の時代に―』第二回制作と芸術のリバースエンジニアリング」
開催日:6月8日
講師:上妻世海、ゲスト
美術の保健体育
開催日:6月9日
講師:柴田英里、梅津庸一
花粉はどこに飛ぶのか~構想画から共同体まで~
開催日:6月10日
講師:黒瀬陽平、石岡良治、梅津庸一
上妻世海による連続講義「『制作と二人称の哲学―宇宙遊泳の時代に―』第三回パースペクティブの交差交換」
開催日:6月11日
講師:上妻世海、ゲスト
泰平プレゼンツ「ポスト・モダンからプレ・シンギュラリティへ―疲弊から興隆への理性的移乗Ⅱ」
開催日:6月16日
講師:泰平、ゲスト
地方の前衛芸術について
開催日:6月17日
講師:筒井宏樹
ときめき☆びじゅっこ会談2
開催日:6月18日
講師:未定
その他のイベント
「智輝の音読」パープルーム予備校3期生 智輝
日時:毎日開催(時間はランダム)
パープルーム予備校説明会
日時:毎週金曜 15:00〜
パープルームティーパーティー
日時:毎週日曜 15:00~

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします