AdvertisementAdvertisement
MUSEUMS / GALLERIES

BLUM & POE

渋谷 - 表参道|東京

ヘンリー・テイラー「Here and There」(2018年) Blum & Poe 東京での展示風景 撮影=若林勇人 © Henry Taylor Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

ヘンリー・テイラー「Here and There」(2018年) Blum & Poe 東京での展示風景 撮影=若林勇人 © Henry Taylor Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

ヘンリー・テイラー「Here and There」(2018年) Blum & Poe 東京での展示風景 撮影=若林勇人 © Henry Taylor Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

 1994年にカリフォルニアにて開廊した現代美術ギャラリー「BLUM & POE」の東京支店。20周年となる2014年に、ニューヨークに続いてオープンした。

 マーク・グロッチャンやヘンリー・テイラー、フリードリッヒ・クナス、アルマ・アレンといったギャラリーが拠点を置く西海岸の作家、榎倉康二、小清水漸、菅木志雄、関根伸夫ら「もの派」と呼ばれた作家、奈良美智、中村一美、石川順惠、柳幸典、五木田智央といった80年代以降の日本美術を代表する作家を紹介する展覧会企画を通して、幅広いジャンルにまたがったプログラムを展開。同ギャラリーが北米で初めて行った、日本戦後美術の動向を取り上げたグループ展は、美術史的な議論の上でも高い注目を受ける。

 東京スペースでも所属作家による個展開催をはじめ、リチャード・プリンス、ユルゲン・テラー、アニエス・ヴァルダといった、ジャンルにとらわれない企画展を意欲的に展開している。