AdvertisementAdvertisement
MUSEUMS / GALLERIES

相国寺承天閣美術館

京都
 相国寺承天閣美術館は1984年に開館。臨済宗相国寺派の大本山、相国寺の創建600年記念事業の一環として、本山相国寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・他塔頭寺院に伝わる美術品を受託し、保存および展示公開、修理、研究調査、禅文化の普及を目的として建設された。現在は国宝5点、重要文化財145点を含む多くの優れた文化財を収蔵し、様々な展観を行っている。

 第一展示室には、鹿苑寺境内に建つ金森宗和造と伝えられる「夕佳亭」を再現。第二展示室には、近世京都画壇の奇才、伊藤若冲による水墨画の傑作である重要文化財《鹿苑寺大書院障壁画》の一部を移設しており、古刹の境内の静謐な空間で間近に作品を鑑賞できる。